会社 沿革

高い精度の情報、迅速なコミュニケーションと、個々の社員の深い洞察力はお客様のビジネスを成功へと導きます。

自動車産業の発展において重要段階である1980年台初期から中旬に、JATOの歩みは始まりました。

現在JATOは多数の世界拠点をもち、業界をリードする真の国際企業です。お客様に自動車市場に関する様々なインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定をサポートしています。

JATOの歩みは、欧州8か国でのリサーチ及びデータ収集をPSAから受注したことから始まりました。この初期のリサーチ経験がその後のJATOにおけるビジネスプロセスの確立につながりました。これは今日においてもJATOの成功の本質として存在しています。

この早い時期においてJATOは間接的なリサーチ手法を採用せず、情報ソースから直接情報を追求する体制を整え、さらには正確でタイムリー、完璧と評価高いデータの基盤となるリサーチ手法を確立しました。

これらの基盤が整い、JATOのビジネスは急速に成長しました。自動車業界には正確で、かつ利用しやすい情報への需要がありました。なぜならそれは重要な決断に必要で、自動車メーカーが競争力を伸ばすためのポテンシャルを保持しているからです。JATOは自動車業界に新たな市場知識を提供する先駆けとなりました。

1990年台初頭にはJATOはリサーチテクノロジーに多大な投資しました。これにより収集する情報・データ精度/正確性が業界で最高水準にあることを確実にしました。

創業当時のJATOの総合的なパフォーマンス評価は、自動車メーカーのニーズに答えることが出来るか否かというものに大きな比重を置いていました。この意味において、JATOのテクノロジーの進化と国際的な業務拡大は大きな成功を収めたといえます。

JATOの国際的なビジネス展開は、当社にとって初めての正社員を自国の英国ではなくイタリアで雇用したときから始まりました。その後、国際的な拡大と国籍を超えたビジネスは急速に加速し、現在においては50か国以上で様々なソリューションを提供しています。情報に基づく確かな決断をサポートするJATOの経験や知識、分析力には定評があります。

現在では、デジタルテクノロジーの発達により、30年前の予想を大幅に超え様々な形式での情報提供が可能になりました。JATOは消費者及び企業による様々な活動を再形成しており、お客様がリアルタイムかつ正確な情報を得るための活動をサポートしています。