メディア

3月 28, 2018

2018年2月欧州新車販売台数レポート

  • 欧州市場の新車販売は、2月としては2008年以降最高の約116万台で前年同月比4.2%増に
  • ガソリン車の販売は前年同月比16%増となった一方、ディーゼル車は販売減となりシェアも39.5%に落ち込む
  • SUVセグメントが引き続き欧州市場の成長の原動力となり、前年比24.7%増でシェアが33%に

2018年2月の欧州自動車市場は、前年同月比4.2%増の約116万台と、前年より5万台増加させており、先月の好調なスタートを維持している。また、2月の販売台数としては119万台を記録した2008年以来最高の販売台数であり、累計台数についてもこの10年では最大の数字となった。

また、2月の販売台数としては119万台を記録した2008年以来最高の販売台数であり、累計台数についてもこの10年では最大の数字となった。この成長は主要市場であるドイツやスペイン、フランスでの好調な販売や、クロアチア、ギリシャ、ハンガリー、エストニア、ルクセンブルグ等の市場での2桁成長が大きな要因となっている。

欧州市場全体としては成長する一方で、今月は27市場のうち13の市場で前年比マイナスとなり、先月よりもマイナスとなった市場の数が増えている。この事から、今後の欧州における自動車市場の成長が、より少ない国に依存してしまう可能性も予想される。

JATO Dynamics社のGlobal Automotive AnalystであるFelipe Munozは今期の欧州市場について次のように述べている。
「先月に引き続き今月の販売台数も前年より増加しており、この先も成長が続くことが予想される。しかし、2月は欧州26市場のうち13市場で減少となったことから、今後は欧州の自動車産業の成長は限られた市場に依存する可能性がある。その他、ディーゼル車の販売が減少を続けており、前年同月比で12.8%減となった。この原因としては、ディーゼル車販売のメイン市場であるドイツやイギリスでの販売減(それぞれ前年比19.2%減、23.5%減)が強く影響した。一方で、ガソリン車への需要は高まっており前年比16%増であった。同様に、AFVも販売台数を増加させ前年比18.5%増となっている。」

セグメント別では、SUVが引き続き成長しており、前年同期比25%増でマーケットシェアも33%に拡大させている。一方でSUV以外のセグメントは、前年比3.6%減と販売を落としている。SUVへの需要は高まり続けており、このセグメントでの販売台数は前年同月比24.7%の382,600台となっており、これは2月の販売台数としては最高の数字である。またこの販売台数は、2月に販売されたモデルの3台に1台はSUVであったということを意味している。

各メーカーはSUVモデルのラインナップを増やしており、VWグループは複数の新型SUVモデルを発表して同セグメントの販売を68,700台(前年比37.7%増)に伸ばし、シェアトップのRenault-Nissanに続いている。同様に、PSAもSUVセグメントにおける販売は好調で、同セグメントの販売を前年比80.3%増の67,900台を記録した。Hyundai-KiaについてもKonaやStonicなどのSUVモデルの販売増により、マーケットシェアを増大させている。その他セグメントでは、MPVがマーケットシェアを2.1ポイント失っているが、これは多くの消費者の嗜好がMPVからSUVへ変化しているためだと考えられる。

メーカーグループ別では、VWグループが、堅調な販売を見せており、そのマーケットシェアを23.1%から24.3%に伸ばしている。Porscheブランドや、SUV、コンパクトモデルの販売増がシェアの増大に貢献している。また、PSAもPeugeot 3008やPeugeot 5008、Citroen C3 Aircross、Opel Crossland、Opel Grandland等のSUVモデルの好調な販売の影響を受けシェアを伸ばしている。

一方で、FCAは、Jeepブランドは新型のCompassの好調な販売もあり、販売増であったが、Fiat(-9%)やLancia(-42%)ブランドの低調な販売が響き、マーケットシェアを0.6ポイント落とした。Renault-Nissanについては、SUVの販売がライバルほど増加せずそのシェアを落としている。日系ブランドの販売に注目すると、Toyotaがブランド別ランキング11位。続いてNissanが -6%の14位、Suzukiが +8%の19位、Mazdaが +6% の20位、Hondaが-7%の23位、Mitsubishiが+6%の 24位であった。

The Golf held on to the top spot, increasing its モデル別では、Volkswagen Golfが欧州での販売台数トップの座を維持している。これに続いているのがRenault Clioであったが、販売は前年比2%減となっている。その他、DaciaのSandero、Dusterが販売台数を大きく伸ばした一方で、Peugeot 308やOpel Astra、Opel Corsa、Fiat Panda等が販売台数を減少させている。日系ブランドでは、Nissan Qashqaiがモデル別ランキング6位、Toyota Yarisが11位(+11%)となった。

以上

Download file: JATO欧州市場新車販売速報_2018年2月.pdf