カテゴリーなし
11月 30, 2015 by Andrew Hill

Tim Linの一日 オートモーティブ・データ&マーケット・アナリスト

ご好評をいただいた前回のインタビューに続き、今回も、JATOデータの背後にいる人々の日常に迫ります。今号では、JATOノース・アメリカ オートモーティブ・データ&マーケット・アナリストである、Tim Linに話を訊きます。

Tim Lin White1

 

JATOで働き始めてから、どれくらい経ちますか?

私がJATOで働き始めてから、およそ7年半が経ちました。就職当時、私はJATOの北米オフィスで、スペック・リサーチャーとしてだけでなく、従業員としても最も若いメンバーでした。4年間、スペック・リサーチャーとして勤務した後に、現在のアナリシス&レポーティングチームに異動し、新たなタスクに挑戦しています。

平均的な一日の業務を教えてください?

私の最も重要な職務が、北米市場のレポーティングと、セールスチームに対するサポート業務、セールスチームが顧客の要望を満たすための支援といった業務です。日常的にセールススタッフへの支援、新規案件の開拓に際してサンプルレポートを作成したり、またリサーチチームに対する、品質管理(QA)上のフォローを行っています。

どのくらいの頻度でレポートを作成するのですか?また、レポートはどのようにして、顧客のもとに納入されるのでしょうか?

通常、私が手掛けるレポートは、顧客に対し月次で納入していますが、現在、週刊のインセンティブレポートについて、顧客と調整を行っているところです。納入のスタイルは、JATOがオファーするあらゆるソリューションを通じて行っています。

あなたの仕事のうちで、最も難しいのはどういった業務ですか?

私たちアナリシス&レポーティングチームが、恐らくJATOデータの最大の「ヘビーユーザー」です。JATOが提供するあらゆるタイプのデータを深く理解し、そのデータの意味するところ、どのようにしてそれらのデータが得られたのか、更新の頻度、マーケットごとの調査の難しさの違い、等々、、、顧客が価値ある知識、深い理解を得られるよう、ベストのソリューションを提供するために、私はJATOデータに関する広範な知識を求められています。

あなたの役割の中で、あなたが最もやりがいを感じるのはどの業務ですか?

仕事を通じて、私が最も喜びを感じるのが、自分の業務の多彩さと広がりについてです。より具体的にお話しすると、私の業務はプロジェクト主導のため、様々な異なる顧客と働くことができ、多様な要望に応えていくことができるのです。このことは、時には新規顧客のための全く新しいソリューションの提供など、大変なチャレンジとなることもあります。また別の時には、既存顧客に対して、膨大なJATOデータの有効な活用方法を提示して、顧客がデータを利用しやすくする、といったことも行っています。加えて、日常的にあらゆる種類のJATOデータに接しているため、私はノース・アメリカオフィス内で、あるいはグローバルで、JATOのどの部門ともうまくやっていますし、JATOの素晴らしい同僚たちと共に働き、交流できています。こうした機会は、私に、様々に異なる文化的背景をもつ仲間から、JATOの提供する大変ユニークなサービスについて、彼らのもつ貴重な知識やベスト・プラクティスを得る機会を与えてくれます。

JATOで働く中で、最も誇らしかった成果はどの案件についてでしたか?

私がJATOで働く中で、最も誇りに思う成果は、新しいプロジェクトに参画し、顧客を支援するときに得られます。現在、私たちは新たに大がかりなソリューションを開発中です。そのソリューションは、今よりも更に深く、より正確に、そしてより競争に有利なインテリジェンスをUSマーケットにもたらすものです。こうしたイニシアチブをとれるということが、チームと私にとって、非常な誇りとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ