メディア

5月 9, 2018

2018年3月欧州新車販売台数レポート

  • 1~2月は好調な販売を見せていたが、3月の販売は前年同月比5.2%減に
  • スペインや東ヨーロッパの販売が増加した一方で、イギリス市場は引き続き減速
  • SUVセグメントの販売が第一四半期で140万台を記録し、欧州で販売された3台に1台がSUVに

2018年第一四半期(1~3月)の欧州自動車市場は、2000年以降で最高の販売台数を記録し、自動車産業がリーマンショックに端を発した経済危機以前の好調だった水準に戻ったことを示している。3月の販売台数は、前年同月比5.2%減とマイナスだったが、1、2月の好調な販売によりこの四半期全体では良い結果となった。

国別では、スペインやポーランド、オランダ、東ヨーロッパ諸国で好調な販売を見せた一方で、イギリス市場は販売台数が減少し続けており、第一四半期では前年同期比12.4%減の718,500台、3月も474,100台(前年比-15.7%)と販売を落としている。また、イタリア市場は成長を続けていたがこの四半期は前年比-1.3%減とマイナスへ転じた。その他ノルウェーやアイルランドも販売を減少させている。

JATO Dynamics社のGlobal Automotive AnalystであるFelipe Munozは今期の欧州市場について次のように述べている。
「2018年第一四半期での販売台数の上昇は、欧州市場が昨年に引き続き今年度も成長を続ける事を予期させるサインである。但し、その中で欧州のメイン市場の一つであるイギリス市場は、3月、第一四半期共に大きく販売台数を低下させており、今後この成長を鈍化させる要因となる可能性があるだろう。」

燃料別では、ディーゼル車からガソリン車へのシフトが引き続き見られ、欧州の主要18市場ではこの四半期のガソリン車のシェアが55%に増加する一方で、ディーゼル車が38%に減少した。また、AFV(代替燃料車)の販売については、前年比23.4%増となっているが、ディーゼルの減少を補うほどの販売台数ではなく、多くの消費者はディーゼルの代わりにAFVではなくガソリン車を好んでいることが分かる。

セグメント別では、SUVが引き続き強い成長を見せており、この四半期のSUVの販売は前年比20%増で3月は前年比13.3%増であった。この結果、2018年第一四半期に欧州で販売された3台に1台がSUVモデルとなった。また、SUVの中でも中型以下のサイズが特に好調で2桁成長を記録している。一方でMPVがシェアを大きく落とし前年比2ポイント減の6.1%となった。また、サブコンパクトやコンパクトセグメントもシェアを大きく落としている。

3月も先月に引き続きVWグループが、Volkswagen GolfやT-Roc、Seat Arona、そしてSkoda Karoq、Kodiaqなどの好調な販売により販売台数首位を維持している。同グループは第一四半期の販売シェアを23.7%とし(前年より1ポイント増)、販売台数は100万台を超えた(前年比5.2%増)。PSAグループは、Peugeotブランドがこの四半期の販売を前年より9.2%伸ばしたが、グループ全体では693,200台の販売にとどまった。これは、Opel/Vauxhallブランドのメイン市場の一つであるイギリス市場の停滞が影響したと言える。続くRenault-Nissanグループはこの四半期で613,200台売り上げたが、Renaultブランド、Nissanブランド共に減少し、全体で0.8%減となっている。

その他Hyundai-KiaグループがKia StonicやHyundai Kona等の新モデルの影響もあり、大きく販売を伸ばし前年同期比7.0%増の277,800台を記録した。一方で、マーケットシェアを大きく落としたのがFordとFCAで、とくにMPVセグメントの不調が大きく影響した。また、FCAはSUVモデルが好調なJeepやAlfa Romeoブランドが販売を伸ばしたもののFiatブランドの減少が全体の結果に大きく影響した。日系ブランドの販売に注目すると、Toyotaが前年比-6%のブランド別ランキング10位。続いてNissanが -16%の11位、Mazdaが +1% の19位、Suzukiが -5%の20位、Hondaが+8%の23位、Mitsubishiが+19%の 25位であった。

モデル別では、Volkswagen Golfが欧州での販売台数トップの座を維持し、3月の販売は54,060台で前年比16.4%増となった。イギリス市場の停滞に影響を受けたFord FiestaやVolkswagen Polo、Ford Focus、Opel/Vauxhall Corsaなどは、前年に比べ大きく販売を落とした。一方でFiat 500が26,473台と好調な販売でトップ10入りした。日系ブランドでは、Nissan Qashqaiが前年比-5%減でモデル別ランキング4位、Toyota Yarisが12位(+8%)となっている。

以上

Download file: JATO欧州市場新車販売速報_2018年3月.pdf